【バイク放置】エンジンかからない場合の修理費用は?

バイクを長期間放置してエンジンかからない場合の修理費用はいくらなのでしょうか?詳しく調べてみました。

バイクの長期放置でエンジンかからない?復活にかかる修理費用は?

長期間、愛車のバイクを放置して、久々に乗ろうと思って
エンジンをかけようとしたらエンジンがかからなくない!

 

f:id:zgyv2rqb:20180602233341p:plain

 

そういったことってよくありがちですよね。

 

特にはじめてバイクに乗ったという人や自分でメンテナンスができない人に
陥りがちな事例です。


放置した期間にもよりますが、一般的には3ヶ月間以上乗らないでいると
エンジンがかからなくなる傾向があります。

 

なぜかというとバッテリーが放電して電圧が弱くなってくるからです。

 

それでもエンジンはかかることもありますが、
バッテリー自体が弱くなっているため、早期に充電してあげる必要があります。


3ヶ月程度であればその程度で済むのですが、半年以上の放置になると
バッテリーが充電を受け付けなくなってしまうこともあります。

 

その場合は交換が必須とあなります。

ではそのような放置バイクの場合はどのくらいの復活費用がかかるのでしょうか?

 

車種によってバッテリーの価格に多少差はありますが純正バッテリーの交換は工賃込みで2万円程度はかかると思ってください。

 

 

 

次に1年以上バイクを長期放置した場合はどうなのでしょうか?

 

1年となってくると復活するまでちょっと厄介になってきます。


と言いますのも、今度はガソリンが腐ることによる
障害が出てくるからです。

 

簡単に言うとサビと詰まりです。


キャブレターに入っているガソリンが腐食を起こし
詰まってしまうとガソリンはエンジン内に供給できなくなってしまうので
当然エンジンは掛かりませんし

 

長期間の放置によりガソリンの揮発成分が蒸発してしまい
爆発(着火)しにくくなっています。

 

つまりガソリン全交換、ガソリンタンクの洗浄(もしくは交換)、
キャブレターの洗浄も必要になってしまうわけですね。


この3点をバイク屋さんにやってもらうとなると少なく見積もっても5~7万円くらいはかかると思ったほうがいいでしょう。

(※何気筒かによってキャブレターの洗浄費用は異なります)

 

それにバッテリーの交換、プラグ交換もプラスしますから
1年の放置ではざっくり7~9万円程度の修理費とお考えください。

 

バイク屋さんにより工賃は違ったりするので多少差がありますし
車種によっても差があるのであくまで目安として覚えておいてください。

 

実際にご近所のお店におおまかな修理費を聞いてみるのが確実ですね。

 

また、これは最低限の修理費用なので、これにタンクの内側がさびだらけで
交換するしかないようなケースであったりゴム系のパーツ交換が入ってくるとどんどん修理費が上乗せされていきます。

 

例えばフロントフォークのパッキンなどは長期放置しておくと
劣化が早まりますから、動かした際にヒビが入ってオイル漏れを
起こして交換、なんてことこともあります。


もちろん必ずそうなるわけではないですが、バイクは長期放置すればするほど
どんどん修理費が高くなっていくことはお分かりいただけると思います。

 

 

バイクを長期放置して動かなくなったら復活させる?それとも処分?

 

ですから、もしあなたが今のバイクに愛着があるのであれば
修理してみてもいいとは思いますが、あまり乗る機会がないというのであれば
手放すというのも選択肢の一つです。

 

f:id:an2djmt4:20180601121948j:plain

 

一回リセットしてから小排気量のバイクなりを買いなおしたほうがかえってスッキリするかもしれません。


そうなると、動かないバイクはどこで引き取ってくれるの?


という話になりますが、バイク屋さんで引き取ってもらうとなると
当然ながら、処分費用が発生します。


長期で放置されたバイクとなるとあなたの自宅まで出張する事になりますから
出張費用もかかります。


処分一つにもなにかとお金がかかるものです。

 

まあ人気車種であれば動かなくても売れる可能性もありますが
売る側の立場からすればできるだけ安く買いたいですから色々と理由をつけて
二束三文になってしまうことは可能性は高いですね。

あと廃車手続きの手間もあることもお忘れなく。

 

 

◆放置して動かないバイクでも高く売れるかも?

 

しかし、もうひとつ方法があります。

 

それはバイク買取専用の業者を利用するという方法です。

 

f:id:an2djmt4:20180601112718p:plain

バイク王

 

例えばバイク王はおすすめです。

なぜバイク王がオススメなのかということですが
実はバイク買取サービスであるバイク王では不動車などの買取も積極的に行っています。

f:id:zirdzl3t:20180809130640p:plain


バイク王ではたとえ不動バイクであっても、まだ使える部品を利用して
単車を修理して海外で売ることも事業にしています。

つまり不動バイクであっても部品としての買取需要が高いので高額買取してくれやすいわけです。

 もうひとつおすすめの理由は実際に買取する前に自分のバイクの査定額がおおまかに把握できます。

まずこちらをご覧ください。

 

https://www.8190.jp/

 

 

f:id:an2djmt4:20171028060131p:plain

 

このようにバイク王のHPにはお試し査定 ができるようになっており
その結果から判断して査定に来てもらうかどうか判断もできます。


もちろん、お試し査定は目安でしかありません。

 

実際の査定額は現物を見ないとわからない部分も多いため
状態によって変わることは当然あります。

しかし、査定額が納得できない場合は断ればいいだけです。

ちなみにバイク王は10年以上前に『強引な押し買いをする』という悪い噂もありましたが2013年に特定商取引法が一部改正され、買取業者は出張査定で『売るまで帰りません』などといった強引な取引ができなくなりました。

 
買い取るまでしつこく食い下がる行為が法律でできなくなったので安心して査定してもらうことができますよ!

実際、『これから他社と比較して検討したい』と言えばすんなり帰ってくれます。

 

また万が一、買取成立後にやっぱり売らなきゃよかった!という場合でも
1週間以内ならクーリングオフ制度がしっかり適用されるので安心です。

(※もし買取が決まった場合は査定員が契約書と一緒にクーリングオフ制度の説明書もくれます)


ですから自分のバイクの相場を知るくらいの軽い気持ちで無料査定に申し込んでみてもいいかもですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

>>バイク王で無料お試し査定をしてみる

 

 

 

 

【ビッグスクーターのエンジン止まる】バイクを放置して調子が悪い原因は?

 

最近、愛車のビッグスクーターに乗っているとアイドリング中にエンジンが止まる。。。

 

f:id:zirdzl3t:20180618231118p:plain

 

そういった症状が出てきて気になっていませんか?

信号待ちの時にエンジンが止まることが多いとそのたびにセルを回すことになって面倒ですし、どこが調子悪いんだろうって気になりますよね。

実はこういった症状は普段あまりバイクに乗らない人や、放置した期間が長いバイク、そしてメンテナンスが自分でできない人に多い傾向にあります。

それはなぜなのでしょうか?

 

◆放置してビッグスクーターのエンジン止まる原因は?

 
ビッグスクーターが信号待ちでエンジンが止まる原因はいくつかありますが、その大本の理由はずばりメンテナンス不足です。

実はエンジンがすぐ止まってしまう原因の多くは吸気系、燃料系の不具合が多いです

具体的に言うと

・キャブレター(インジェクター)の詰まり

・エアフィルターの詰まり

・プラグの不具合

 

などといった具合です。

 

こういった場合は交換、洗浄が必要となります。

自分でメンテナンスができる人は交換、洗浄する周期がわかっているのでこういった症状がおこりにくいのですが、バイクのメンテナンスができない人はなんとなく調子悪くてもそのまま乗ってしまい、どんどん症状が悪化しがちです。

また、一定期間放置したバイクの場合はキャブレター(インジェクター)が詰まってしまい、燃料が安定してエンジンに供給されないのでアイドリング時にエンジンが止まりやすくなります。

この場合はキャブレター(インジェクター)のオーバーホールが必要となります。

いずれにせよ、これらをまとめてバイク屋で修理する場合は2万円程度かかるとお考え下さい。

しかし、そもそもキャブレターが詰まってしまうようなバイクの場合、長期放置期間に伴ってバッテリーも弱くなっているケースも少なくありません。

 

あなたのビッグスクーターもバッテリーが弱くなってませんか?

 

放置によってバッテリーが弱くなってしまうような場合、その期間によっては充電しても蓄電されないケースも珍しくありません。

 

このような場合はバッテリーの交換も必要となり、さらに2万円程度かかります。

 

◆長期放置でビッグスクーターのエンジンがよく止まるなら復活させる?それとも処分?

 
もしあなたが今のビッグスクーターに愛着があるのであれば
修理してみてもいいとは思いますが、今後あまり乗る機会がないというのであれば
手放すというのも選択肢の一つです。

 

f:id:an2djmt4:20180601121948j:plain

 

一回リセットしてから小排気量のバイクなりを買いなおしたほうがかえってスッキリするかもしれません。


そうなると、バイクはどこで売るの?


という話になりますが、調子の悪いビッグスクーターバイク屋さんで売っても二束三文にしかなりません。

そのバイク屋で新たにバイクを買うのであれば多少高くは買い取りますが、バイク屋は修理して売ることまでのコストも考えて査定しますし、基本的に安く買って高く売りたいので、いろいろな理由をつけて結局安くなってしまう傾向があります。

 

◆調子の悪いビッグスクーターでも高く売れるかも?


しかし、もうひとつ方法があります。

 

それはバイク買取専用の業者を利用するという方法です。

 

f:id:an2djmt4:20180601112718p:plain

バイク王

 

例えばバイク王はおすすめです。

なぜバイク王がオススメなのかということですが
実はバイク買取サービスであるバイク王では不動車などの買取も積極的に行っています。

f:id:zirdzl3t:20180809130640p:plain


バイク王ではたとえ不動バイクであっても、まだ使える部品を利用して
単車を修理して海外で売ることも事業にしています。

つまり不動バイクであっても部品としての買取需要が高いので高額買取してくれやすいわけです。

 もうひとつおすすめの理由は実際に買取する前に自分のバイクの査定額がおおまかに把握できます。

まずこちらをご覧ください。

 

https://www.8190.jp/

 

 

f:id:an2djmt4:20171028060131p:plain

 

このようにバイク王のHPにはお試し査定 ができるようになっており
その結果から判断して査定に来てもらうかどうか判断もできます。


もちろん、お試し査定は目安でしかありません。

 

実際の査定額は現物を見ないとわからない部分も多いため
状態によって変わることは当然あります。

しかし、査定額が納得できない場合は断ればいいだけです。

ちなみにバイク王は10年以上前に『強引な押し買いをする』という悪い噂もありましたが2013年に特定商取引法が一部改正され、買取業者は出張査定で『売るまで帰りません』などといった強引な取引ができなくなりました。

 
買い取るまでしつこく食い下がる行為が法律でできなくなったので安心して査定してもらうことができますよ!

実際、『これから他社と比較して検討したい』と言えばすんなり帰ってくれます。

 

また万が一、買取成立後にやっぱり売らなきゃよかった!という場合でも
1週間以内ならクーリングオフ制度がしっかり適用されるので安心です。

(※もし買取が決まった場合は査定員が契約書と一緒にクーリングオフ制度の説明書もくれます)


ですから自分のバイクの相場を知るくらいの軽い気持ちで無料査定に申し込んでみてもいいかもですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

>>バイク王で無料お試し査定をしてみる

 

 

 

 

【ビッグスクーターのエンジンつかない】長期放置した際の修理費の目安は?

長期間、愛車のビッグスクーターを放置して、久々に乗ろうと思って
セルを回したらエンジンがつかない!始動しなくなっていた。。

 

f:id:zirdzl3t:20180612192252p:plain

 

そういったことってよくありがちですよね。

 

特にはじめてバイクに乗ったという人や自分でメンテナンスができない人に
陥りがちな事例です。


放置した期間にもよりますが、一般的には3ヶ月間以上乗らないでいると
エンジンがエンジンつかなくなる傾向があります。

 

なぜかというとバッテリーが放電して電圧が弱くなってくるからです。

 

それでもエンジンはかかることもありますが、
バッテリー自体が弱くなっているため、早期に充電してあげる必要があります。


3ヶ月程度であればその程度で済むのですが、半年以上の放置になると
バッテリーが充電を受け付けなくなってしまうこともあります。

 

その場合は交換が必須とあなります。

ではそのような放置バイクの場合はどのくらいの復活費用がかかるのでしょうか?

 

バッテリー交換は工賃込みで2万円程度はかかると思ってください。

 

 

◆1年以上ビッグスクーターを放置してエンジンつかない場合の修理費は?

 

次に1年以上ビッグスクーター長期放置した場合はどうなのでしょうか?

 

1年となってくると復活するまでちょっと厄介になってきます。


と言いますのも、今度はガソリンが腐ることによる障害が出てくるからです。

 

簡単に言うとサビと詰まりです。


キャブレターに入っているガソリンが腐食を起こし
詰まってしまうとガソリンはエンジン内に供給できなくなってしまうので
当然エンジンは掛かりませんし

 

長期間の放置によりガソリンの揮発成分が蒸発してしまい
爆発(着火)しにくくなっています。

 

つまりガソリン全交換、ガソリンタンクの洗浄(もしくは交換)、
キャブレターの洗浄も必要になってしまうわけですね。


この3点をバイク屋さんにやってもらうとなると少なく見積もっても3万円くらいはかかると思ったほうがいいでしょう。

 

それにバッテリーの交換、プラグ交換もプラスしますから
1年の放置ではざっくり5万円程度の修理費とお考えください。

 

バイク屋さんにより工賃は違ったりするので多少差があるため
実際にご近所のお店に聞いてみるのが早いですが、タンクの状態が悪く
交換するしかない、となってくるとこれよりさらに高くなります。

 

また、これは最低限の修理費用なので、これにゴム系のパーツ交換が
入ってくるとどんどん修理費が上乗せされていきます。

 

例えばフロントフォークのパッキンなどは長期放置しておくと
劣化が早まりますから、動かした際にヒビが入ってオイル漏れを
起こして交換、なんてことこともあります。


もちろん必ずそうなるわけではないですが、
ビッグスクーターに限らず、バイクは長期放置すればするほど
どんどん修理費が高くなっていくことはお分かりいただけると思います。

 

 

ビッグスクーターを長期放置してエンジンがつかなくなったら復活させる?それとも処分?

 

ですから、もしあなたが今のビッグスクーターに愛着があるのであれば
修理してみてもいいとは思いますが、あまり乗る機会がないというのであれば
手放すというのも選択肢の一つです。

 

f:id:an2djmt4:20180601121948j:plain

 

一回リセットしてから小排気量のバイクなりを買いなおしたほうがかえってスッキリするかもしれません。


そうなると、動かないバイクはどこで引き取ってくれるの?


という話になりますが、バイク屋さんで引き取ってもらうとなると
当然ながら、処分費用が発生します。


動かないバイクとなるとあなたの自宅まで出張する事になりますから出張費用もかかります。


処分一つにもなにかとお金がかかるものです。

 

まあ人気車種であれば動かなくても売れる可能性もありますが
売る側の立場からすればできるだけ安く買いたいですから色々と理由をつけて
二束三文になってしまうことは可能性は高いですね。

 

あと廃車手続きの手間もあることもお忘れなく。

 

◆放置してエンジンがつかないビッグスクーターでも売れるかも?


しかし、もうひとつ方法があります。

 

それはバイク買取専用の業者を利用するという方法です。

 

f:id:an2djmt4:20180601112718p:plain

バイク王

 

例えばバイク王はおすすめです。

なぜバイク王がオススメなのかということですが
実はバイク買取サービスであるバイク王では不動車などの買取も積極的に行っています。

f:id:zirdzl3t:20180809130640p:plain


バイク王ではたとえ不動バイクであっても、まだ使える部品を利用して
単車を修理して海外で売ることも事業にしています。

つまり不動バイクであっても部品としての買取需要が高いので高額買取してくれやすいわけです。

 もうひとつおすすめの理由は実際に買取する前に自分のバイクの査定額がおおまかに把握できます。

まずこちらをご覧ください。

 

https://www.8190.jp/

 

 

f:id:an2djmt4:20171028060131p:plain

 

このようにバイク王のHPにはお試し査定 ができるようになっており
その結果から判断して査定に来てもらうかどうか判断もできます。


もちろん、お試し査定は目安でしかありません。

 

実際の査定額は現物を見ないとわからない部分も多いため
状態によって変わることは当然あります。

しかし、査定額が納得できない場合は断ればいいだけです。

ちなみにバイク王は10年以上前に『強引な押し買いをする』という悪い噂もありましたが2013年に特定商取引法が一部改正され、買取業者は出張査定で『売るまで帰りません』などといった強引な取引ができなくなりました。

 
買い取るまでしつこく食い下がる行為が法律でできなくなったので安心して査定してもらうことができますよ!

実際、『これから他社と比較して検討したい』と言えばすんなり帰ってくれます。

 

また万が一、買取成立後にやっぱり売らなきゃよかった!という場合でも
1週間以内ならクーリングオフ制度がしっかり適用されるので安心です。

(※もし買取が決まった場合は査定員が契約書と一緒にクーリングオフ制度の説明書もくれます)


ですから自分のバイクの相場を知るくらいの軽い気持ちで無料査定に申し込んでみてもいいかもですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

>>バイク王で無料お試し査定をしてみる

 

 

 

 

【ビッグスクーターのエンジンがかからない】長期放置した際の修理費は?

長期間、愛車のビッグスクーターを放置して、久々に乗ろうと思って
セルを回したらエンジンがかからなくなって始動しなくなっていた

 

f:id:zirdzl3t:20180612192252p:plain

 

そういったことってよくありがちですよね。

 

特にはじめてバイクに乗ったという人や自分でメンテナンスができない人に
陥りがちな事例です。


放置した期間にもよりますが、一般的には3ヶ月間以上乗らないでいると
エンジンがかからなくなる傾向があります。

 

なぜかというとバッテリーが放電して電圧が弱くなってくるからです。

 

それでもエンジンはかかることもありますが、
バッテリー自体が弱くなっているため、早期に充電してあげる必要があります。


3ヶ月程度であればその程度で済むのですが、半年以上の放置になると
バッテリーが充電を受け付けなくなってしまうこともあります。

 

その場合は交換が必須とあなります。

ではそのような放置バイクの場合はどのくらいの復活費用がかかるのでしょうか?

 

バッテリー交換は工賃込みで2万円程度はかかると思ってください。

 

 

◆1年以上ビッグスクーターを放置した場合の修理費は?

 

次に1年以上ビッグスクーター長期放置した場合はどうなのでしょうか?

 

1年となってくると復活するまでちょっと厄介になってきます。


と言いますのも、今度はガソリンが腐ることによる障害が出てくるからです。

 

簡単に言うとサビと詰まりです。


キャブレターに入っているガソリンが腐食を起こし
詰まってしまうとガソリンはエンジン内に供給できなくなってしまうので
当然エンジンは掛かりませんし

 

長期間の放置によりガソリンの揮発成分が蒸発してしまい
爆発(着火)しにくくなっています。

 

つまりガソリン全交換、ガソリンタンクの洗浄(もしくは交換)、
キャブレターの洗浄も必要になってしまうわけですね。


この3点をバイク屋さんにやってもらうとなると少なく見積もっても3万円くらいはかかると思ったほうがいいでしょう。

 

それにバッテリーの交換、プラグ交換もプラスしますから
1年の放置ではざっくり5万円程度の修理費とお考えください。

 

バイク屋さんにより工賃は違ったりするので多少差があるため
実際にご近所のお店に聞いてみるのが早いですが、タンクの状態が悪く
交換するしかない、となってくるとこれよりさらに高くなります。

 

また、これは最低限の修理費用なので、これにゴム系のパーツ交換が
入ってくるとどんどん修理費が上乗せされていきます。

 

例えばフロントフォークのパッキンなどは長期放置しておくと
劣化が早まりますから、動かした際にヒビが入ってオイル漏れを
起こして交換、なんてことこともあります。


もちろん必ずそうなるわけではないですが、
ビッグスクーターに限らず、バイクは長期放置すればするほど
どんどん修理費が高くなっていくことはお分かりいただけると思います。

 

 

ビッグスクーターを長期放置して動かなくなったら復活させる?それとも処分?

 

ですから、もしあなたが今のビッグスクーターに愛着があるのであれば
修理してみてもいいとは思いますが、あまり乗る機会がないというのであれば
手放すというのも選択肢の一つです。

 

f:id:an2djmt4:20180601121948j:plain

 

一回リセットしてから小排気量のバイクなりを買いなおしたほうがかえってスッキリするかもしれません。


そうなると、動かないバイクはどこで引き取ってくれるの?


という話になりますが、バイク屋さんで引き取ってもらうとなると
当然ながら、処分費用が発生します。


動かないバイクとなるとあなたの自宅まで出張する事になりますから出張費用もかかります。


処分一つにもなにかとお金がかかるものです。

 

まあ人気車種であれば動かなくても売れる可能性もありますが
売る側の立場からすればできるだけ安く買いたいですから色々と理由をつけて
二束三文になってしまうことは可能性は高いですね。

 

あと廃車手続きの手間もあることもお忘れなく。

 

◆放置して動かないビッグスクーターでも売れるかも?

 

しかし、もうひとつ方法があります。

 

それはバイク買取専用の業者を利用するという方法です。

 

f:id:an2djmt4:20180601112718p:plain

バイク王

 

例えばバイク王はおすすめです。

なぜバイク王がオススメなのかということですが
実はバイク買取サービスであるバイク王では不動車などの買取も積極的に行っています。

f:id:zirdzl3t:20180809130640p:plain


バイク王ではたとえ不動バイクであっても、まだ使える部品を利用して
単車を修理して海外で売ることも事業にしています。

つまり不動バイクであっても部品としての買取需要が高いので高額買取してくれやすいわけです。

 もうひとつおすすめの理由は実際に買取する前に自分のバイクの査定額がおおまかに把握できます。

まずこちらをご覧ください。

 

https://www.8190.jp/

 

 

f:id:an2djmt4:20171028060131p:plain

 

このようにバイク王のHPにはお試し査定 ができるようになっており
その結果から判断して査定に来てもらうかどうか判断もできます。


もちろん、お試し査定は目安でしかありません。

 

実際の査定額は現物を見ないとわからない部分も多いため
状態によって変わることは当然あります。

しかし、査定額が納得できない場合は断ればいいだけです。

ちなみにバイク王は10年以上前に『強引な押し買いをする』という悪い噂もありましたが2013年に特定商取引法が一部改正され、買取業者は出張査定で『売るまで帰りません』などといった強引な取引ができなくなりました。

 
買い取るまでしつこく食い下がる行為が法律でできなくなったので安心して査定してもらうことができますよ!

実際、『これから他社と比較して検討したい』と言えばすんなり帰ってくれます。

 

また万が一、買取成立後にやっぱり売らなきゃよかった!という場合でも
1週間以内ならクーリングオフ制度がしっかり適用されるので安心です。

(※もし買取が決まった場合は査定員が契約書と一緒にクーリングオフ制度の説明書もくれます)


ですから自分のバイクの相場を知るくらいの軽い気持ちで無料査定に申し込んでみてもいいかもですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

>>バイク王で無料お試し査定をしてみる

 

 

 

 

【ビッグスクーターのセルが回らない】長期放置したバイクの修理費は?

長期間、愛車のビッグスクーターを放置して、久々に乗ろうと思って
エンジンをかけようとしたらエセルが回らない!

 

f:id:zirdzl3t:20180809112206p:plain

 

そういったことってよくありがちですよね。

 

特にはじめてバイクに乗ったという人や自分でメンテナンスができない人に
陥りがちな事例です。


放置した期間にもよりますが、一般的には3ヶ月間以上乗らないでいると
セルが回らなくなる傾向があります。

 

なぜかというとバッテリーが放電して電圧が弱くなってくるからです。

 

それでもエンジンはかかることもありますが、
バッテリー自体が弱くなっているため、早期に充電してあげる必要があります。


3ヶ月程度であればその程度で済むのですが、半年以上の放置になると
バッテリーが充電を受け付けなくなってしまうこともあります。

 

その場合は交換が必須とあなります。

ではそのような放置バイクの場合はどのくらいの復活費用がかかるのでしょうか?

 

バッテリー交換は工賃込みで2万円程度はかかると思ってください。

 

 

◆1年以上マジェスティを放置してセルが回らない場合の修理費は?

 

次に1年以上ビッグスクーターを長期放置した場合はどうなのでしょうか?

 

1年となってくると復活するまでちょっと厄介になってきます。


と言いますのも、今度はガソリンが腐ることによる障害が出てくるからです。

 

簡単に言うとサビと詰まりです。


キャブレターに入っているガソリンが腐食を起こし
詰まってしまうとガソリンはエンジン内に供給できなくなってしまうので
当然エンジンは掛かりませんし

 

長期間の放置によりガソリンの揮発成分が蒸発してしまい
爆発(着火)しにくくなっています。

 

つまりガソリン全交換、ガソリンタンクの洗浄(もしくは交換)、
キャブレターの洗浄も必要になってしまうわけですね。


この3点をバイク屋さんにやってもらうとなると少なく見積もっても3万円くらいはかかると思ったほうがいいでしょう。

 

それにバッテリーの交換、プラグ交換もプラスしますから
1年の放置ではざっくり5万円程度の修理費とお考えください。

 

バイク屋さんにより工賃は違ったりするので多少差があるため
実際にご近所のお店に聞いてみるのが早いですが、タンクの状態が悪く
交換するしかない、となってくるとこれよりさらに高くなります。

 

また、これは最低限の修理費用なので、これにゴム系のパーツ交換が
入ってくるとどんどん修理費が上乗せされていきます。

 

例えばフロントフォークのパッキンなどは長期放置しておくと
劣化が早まりますから、動かした際にヒビが入ってオイル漏れを
起こして交換、なんてことこともあります。


もちろん必ずそうなるわけではないですが、
ビッグスクーターに限らず、バイクは長期放置すればするほど
どんどん修理費が高くなっていくことはお分かりいただけると思います。

 

 

ビッグスクーターを長期放置してセルが回らない時は復活させる?それとも処分?

 

ですから、もしあなたが今お持ちのビッグスクーターに愛着があるのであれば
修理してみてもいいとは思いますが、あまり乗る機会がないというのであれば
手放すというのも選択肢の一つです。

 

f:id:an2djmt4:20180601121948j:plain

 

一回リセットしてから小排気量のバイクなりを買いなおしたほうがかえってスッキリするかもしれません。


そうなると、動かないバイクはどこで引き取ってくれるの?


という話になりますが、バイク屋さんで引き取ってもらうとなると
当然ながら、処分費用が発生します。


動かないバイクとなるとあなたの自宅まで出張する事になりますから出張費用もかかります。


処分一つにもなにかとお金がかかるものです。

 

まあ人気車種であれば動かなくても売れる可能性もありますが
売る側の立場からすればできるだけ安く買いたいですから色々と理由をつけて
二束三文になってしまうことは可能性は高いですね。

 

あと廃車手続きの手間もあることもお忘れなく。

 

◆放置してセルが回らないビッグスクーターでも売れるかも?

 

しかし、もうひとつ方法があります。

 

それはバイク買取専用の業者を利用するという方法です。

 

f:id:an2djmt4:20180601112718p:plain

バイク王

 

例えばバイク王はおすすめです。

なぜバイク王がオススメなのかということですが
実はバイク買取サービスであるバイク王では不動車などの買取も積極的に行っています。

 

f:id:zirdzl3t:20180809130640p:plain


バイク王ではたとえ不動バイクであっても、まだ使える部品を利用して
単車を修理して海外で売ることも事業にしています。

つまり不動バイクであっても部品としての買取需要が高いので高額買取してくれやすいわけです。

 もうひとつおすすめの理由は実際に買取する前に自分のバイクの査定額がおおまかに把握できます。

まずこちらをご覧ください。

 

https://www.8190.jp/

 

 

f:id:an2djmt4:20171028060131p:plain

 

このようにバイク王のHPにはお試し査定 ができるようになっており
その結果から判断して査定に来てもらうかどうか判断もできます。


もちろん、お試し査定は目安でしかありません。

 

実際の査定額は現物を見ないとわからない部分も多いため
状態によって変わることは当然あります。

しかし、査定額が納得できない場合は断ればいいだけです。

ちなみにバイク王は10年以上前に『強引な押し買いをする』という悪い噂もありましたが2013年に特定商取引法が一部改正され、買取業者は出張査定で『売るまで帰りません』などといった強引な取引ができなくなりました。

 
買い取るまでしつこく食い下がる行為が法律でできなくなったので安心して査定してもらうことができますよ!

実際、『これから他社と比較して検討したい』と言えばすんなり帰ってくれます。

 

また万が一、買取成立後にやっぱり売らなきゃよかった!という場合でも
1週間以内ならクーリングオフ制度がしっかり適用されるので安心です。

(※もし買取が決まった場合は査定員が契約書と一緒にクーリングオフ制度の説明書もくれます)


ですから自分のバイクの相場を知るくらいの軽い気持ちで無料査定に申し込んでみてもいいかもですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

>>バイク王で無料お試し査定をしてみる

 

 

 

 

【単車が事故】修理にかかる費用の目安は?

 

単車に乗ってたら運悪く事故に遭い、フロントフォークやフレームが歪んでしまい修理しようかどうか迷ってる。。。

 

f:id:zirdzl3t:20180809133054p:plain

 

そうお悩みではないですか?

 
単車を買ってまだ日が浅い人ほど、

『まだ新しいから廃車したくない!なんとか修理して乗りたい』

と考えがちです。


しかしながら、事故によってフレームやフロントフォークが曲がってしまった
単車を修理しようとするとかなり費用が掛かってしまいます。

基本的にフロントフォークは新品に交換しないといけませんし、場合によってはホイールなどを含めたフォーク周りのパーツを一式取り替えることになります。

それにフレーム修正なども絡んでくると工賃も含めて20万円以上かかってしまうことも珍しくありません。

それでも直したいというのであれば修理してもいいと思いますが
もしあなたが修理費が高いと感じるのであれば一回処分して新しいバイクを
買いなおしたほうがいいかもしれません。



ちなみに処分というとバイク屋に引き取ってもらうことになりますが、その際には当然処分費用が発生します。


また、家まで引き取りにいくことになるので出張費用も加算されます。

そうなると

『えー処分にも結構お金かかるの??』


と思うかもしれませんが、ご安心ください。


その事故車、意外と高く売れるかもしれません。

 

f:id:an2djmt4:20180601112718p:plain

バイク王

 

実はバイク買取サービスであるバイク王では事故車の買取も行っています。

 

f:id:zirdzl3t:20180809130640p:plain


バイク王ではたとえ事故車であっても、まだ使える部品を利用して
単車を修理して海外で売ることも事業にしています。

 

つまりフレームやフロントフォークが使えない事故車であっても部品としての買取需要があるので高額買取してくれやすいわけです。

 

ちなみにですが、バイク王では実際に査定をする前に
事前に自分のバイクの査定額がおおまかに把握できます。

 

 

まずこちらをご覧ください。

 

https://www.8190.jp/

 

 

f:id:an2djmt4:20171028060131p:plain

 

このようにバイク王のHPにはお試し査定 ができるようになっており
その結果から判断して査定に来てもらうかどうか判断もできます。


もちろん、お試し査定は目安でしかありません。

 

実際の査定額は現物を見ないとわからない部分も多いため
状態によって変わることは当然あります。

しかし、査定額が納得できない場合は断ればいいだけです。

ちなみにバイク王は10年以上前に『強引な押し買いをする』という悪い噂もありましたが2013年に『特定商取引法』が一部改正され、買取業者は出張査定で『売るまで帰りません』などといった強引な取引ができなくなりました。

 
買い取るまでしつこく食い下がる行為が法律でできなくなったので安心して査定してもらうことができますよ!

実際、『これから他社と比較して検討したい』と言えばすんなり帰ってくれます。

 

また万が一、買取成立後にやっぱり売らなきゃよかった!という場合でも
1週間以内ならクーリングオフ制度がしっかり適用されるので安心です。

(※もし買取が決まった場合は査定員が契約書と一緒にクーリングオフ制度の説明書もくれます)


ですから自分のバイクの相場を知るくらいの軽い気持ちで無料査定に申し込んでみてもいいかもですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

>>バイク王で無料お試し査定をしてみる

 

 

 

 

単車が動かない!長期放置した場合の修理費の目安は?

長期間、愛車の単車を放置して、久々に乗ろうと思って
エンジンをかけようとしたら動かない!

 

f:id:zirdzl3t:20180618231605p:plain

 

そういったことってよくありがちですよね。

 

特にはじめて単車に乗ったという人や自分でメンテナンスができない人に
陥りがちな事例です。


放置した期間にもよりますが、一般的には3ヶ月間以上乗らないでいると
エンジンがかからなくなる傾向があります。

 

なぜかというとバッテリーが放電して電圧が弱くなってくるからです。

 

それでもエンジンはかかることもありますが、
バッテリー自体が弱くなっているため、早期に充電してあげる必要があります。


3ヶ月程度であればその程度で済むのですが、半年以上の放置になると
バッテリーが充電を受け付けなくなってしまうこともあります。

 

その場合は交換が必須とあなります。

ではそのような放置した単車の場合はどのくらいの復活費用がかかるのでしょうか?

 

バッテリー交換は工賃込みで2万円程度はかかると思ってください。

 

 

◆1年以上単車を放置して動かない場合の修理費は?

 

次に1年以上単車を長期放置した場合はどうなのでしょうか?

 

1年となってくると復活するまでちょっと厄介になってきます。


と言いますのも、今度はガソリンが腐ることによる障害が出てくるからです。

 

簡単に言うとサビと詰まりです。


キャブレターに入っているガソリンが腐食を起こし
詰まってしまうとガソリンはエンジン内に供給できなくなってしまうので
当然エンジンは掛かりませんし

 

長期間の放置によりガソリンの揮発成分が蒸発してしまい
爆発(着火)しにくくなっています。

 

つまりガソリン全交換、ガソリンタンクの洗浄(もしくは交換)、
キャブレターの洗浄も必要になってしまうわけですね。


この3点をバイク屋さんにやってもらうとなると少なく見積もっても3万円くらいはかかると思ったほうがいいでしょう。

 

それにバッテリーの交換、プラグ交換もプラスしますから
1年の放置ではざっくり5万円程度の修理費とお考えください。

 

バイク屋さんにより工賃は違ったりするので多少差があるため
実際にご近所のお店に聞いてみるのが早いですが、タンクの状態が悪く
交換するしかない、となってくるとこれよりさらに高くなります。

 

また、これは最低限の修理費用なので、これにゴム系のパーツ交換が
入ってくるとどんどん修理費が上乗せされていきます。

 

例えばフロントフォークのパッキンなどは長期放置しておくと
劣化が早まりますから、動かした際にヒビが入ってオイル漏れを
起こして交換、なんてことこともあります。


もちろん必ずそうなるわけではないですが、単車は長期放置すればするほど
どんどん修理費が高くなっていくことはお分かりいただけると思います。

 

 

◆単車を長期放置して動かなくなったら復活させる?それとも処分?

 

ですから、もしあなたが今の単車に愛着があるのであれば
修理してみてもいいとは思いますが、あまり乗る機会がないというのであれば
手放すというのも選択肢の一つです。

 

f:id:an2djmt4:20180601121948j:plain

 

一回リセットしてから小排気量のバイクなりを買いなおしたほうがかえってスッキリするかもしれません。


そうなると、動かない単車はどこで引き取ってくれるの?


という話になりますが、バイク屋さんで引き取ってもらうとなると
当然ながら、処分費用が発生します。


動かない単車となるとあなたの自宅まで出張する事になりますから出張費用もかかります。


処分一つにもなにかとお金がかかるものです。

 

まあ人気車種であれば動かなくても売れる可能性もありますが
売る側の立場からすればできるだけ安く買いたいですから色々と理由をつけて
二束三文になってしまうことは可能性は高いですね。

 

あと廃車手続きの手間もあることもお忘れなく。

 

◆放置して動かない単車でも意外と高く売れるかも?

 

しかし、もうひとつ方法があります。

 

それはバイク買取専用の業者を利用するという方法です。

 

f:id:an2djmt4:20180601112718p:plain

バイク王

 

例えばバイク王はおすすめです。

なぜバイク王がオススメなのかということですが
実はバイク買取サービスであるバイク王では不動車などの買取も積極的に行っています。

 

f:id:zirdzl3t:20180809130640p:plain


バイク王ではたとえ不動バイクであっても、まだ使える部品を利用して
単車を修理して海外で売ることも事業にしています。

つまり不動バイクであっても部品としての買取需要が高いので高額買取してくれやすいわけです。

 もうひとつおすすめの理由は実際に買取する前に自分のバイクの査定額がおおまかに把握できます。

まずこちらをご覧ください。

 

https://www.8190.jp/

 

 

f:id:an2djmt4:20171028060131p:plain

 

このようにバイク王のHPにはお試し査定 ができるようになっており
その結果から判断して査定に来てもらうかどうか判断もできます。


もちろん、お試し査定は目安でしかありません。

 

実際の査定額は現物を見ないとわからない部分も多いため
状態によって変わることは当然あります。

しかし、査定額が納得できない場合は断ればいいだけです。

ちなみにバイク王は10年以上前に『強引な押し買いをする』という悪い噂もありましたが2013年に特定商取引法が一部改正され、買取業者は出張査定で『売るまで帰りません』などといった強引な取引ができなくなりました。

 
買い取るまでしつこく食い下がる行為が法律でできなくなったので安心して査定してもらうことができますよ!

実際、『これから他社と比較して検討したい』と言えばすんなり帰ってくれます。

 

また万が一、買取成立後にやっぱり売らなきゃよかった!という場合でも
1週間以内ならクーリングオフ制度がしっかり適用されるので安心です。

(※もし買取が決まった場合は査定員が契約書と一緒にクーリングオフ制度の説明書もくれます)


ですから自分のバイクの相場を知るくらいの軽い気持ちで無料査定に申し込んでみてもいいかもですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

>>バイク王で無料お試し査定をしてみる